浜焼太郎

浜焼太郎の鮭が美味しい理由 | 産地直送!良質な活貝・鮮魚を普段使いで。浜焼太郎

お問い合わせ

浜焼太郎の鮭が美味しい理由

ピックアップ
2016.04.08
画像

 

「鮭」は、サケ目サケ科サケ属の魚で、鮮やかな赤い色が特徴的です。「サーモン」とも呼ばれ人々に親しまれています。日本食には馴染み深い食材で、寿司や焼き鮭などで食べられる機会が多いです。鮭には様々な種類がありますが、日本で主に食べられている鮭は「シロザケ」という種類です。

鮭は川で生まれ、そのまま川を下って海に出て、そして、数年間海で過ごします。その間も広い海を広範囲に泳ぎ回って生活し、やがて生まれ故郷の川に戻ってきて、川をさかのぼり、産卵して一生を終えます。魚の中でも、一生の間にこれほど長い距離を泳ぐ魚は他にいません。特に一生のうちの最後は激しい流れの川を逆行するという過酷な泳ぎをするわけです。

そんなスーパースイマーな鮭は泳いでいる間、大量の活性酸素が体内で生成されてしまいます。鮭にとって、この活性酸素をどうにかする必要があるわけです。

そこで、鮭は強い抗酸化作用のあるアスタキサンチンを含むエサを好んでたくさん食べます。アスタキサンチンを多く含むのは、エビやカニなどの甲殻類です。エビやカニの殻の赤い色は実はアスタキサンチンなのです。

鮭は自分の体でアスタキサンチンを作るわけではなく、アスタキサンチンを多く含む甲殻類をたくさん食べることによって、たくさんのアスタキサンチンを溜め込んでいるのです。

 

 

384_0_0[1]

 

 

持久力や瞬発力を使う機会が多いサケ、マグロ、カツオ、サメなどの筋肉には、「アンセリン」という物質が豊富に含まれています。このアンセリンには、疲労回復効果があると言われています。人が疲労を感じる原因は、乳酸にあるとされています。アンセリンは、筋肉に溜まった乳酸をエネルギーに変える働きがあるそうで、疲労を軽減させることができます。

 

 

スーパーフードとも言われている鮭には、良質なタンパク質、DHAとも呼ばれるドコサヘキサエン酸やEPAとも呼ばれるエイコサペンタエン酸などの不飽和脂肪酸、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンEなどの様々な栄養素が含まれていて、私たちの健康に大いに貢献してくれます。

 

鮭に含まれるDHAは、脳の健康を維持する効果もあると言われています。DHAは、脳の神経細胞で情報の伝達をスムーズに行えるように手助けするそうです。また、脳の成長を助ける働きもあり、学習能力や記憶能力をアップさせるのに役立つとも言われています。

 

 

鮭に含まれるEPAという物質は、魚に多く含まれています。EPAは、血管を健康に保つ働きがあるため、血管に問題が起きることで発症する心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞、血栓症などの予防効果が期待できるそうです。

 

 

鮭に含まれるジメチルアミノエタノールとも呼ばれるDMAEという物質とEPAには、精神を安定させる働きがあるそうです。魚をよく食べている人ほど精神が安定しているということ、魚をよく食べている国程、うつ病患者が少ないということが実験で明らかになりました。このため、魚に含まれるDMAEやEPAは、様々な国から注目されています。

 

 

また、その他にも様々な健康効果が期待でき、肌荒れ予防や肥満予防・改善、育毛効果、アンチエイジングにも効果を発揮する優れものなのです。

s_008f[1]そして、とろりととろける脂がたっぷり乗ったサーモンを口の中で確かめてください、すぐに違いがわかります!
浜焼太郎では、こだわりの北海道サーモンが味わえるおすすめ料理である「鮭のちゃんちゃん焼き」をご用意して皆様をお待ちしております。本来は、鉄板で豪快に焼く料理ですが、浜焼太郎では、ホイルに包み、直火で焼いて召し上がっていただくスタイルとなっております。一味違って更に美味しくなった蒸し焼きサーモンを是非この機会に味わってみてください。また、ランチタイムには炙りサーモン丼もご用意しております。お刺身にしている贅沢なサーモンをマヨネーズをかけて炙っちゃいました!!不動の人気を誇る間違いなしの美味さです!こちらも是非一度、味わってみてください。

豊かな海からの磯の香りをどうぞ召し上がれ。

浜焼太郎のお品書きはこちらからチェック!

http://hamayaki.jp/menu/

 

ページトップへ